高尾山の鳥歴

春になると高尾山へ渡ってくる夏鳥や、冬に高い山から降りてくる冬鳥の姿を楽しむことができます。 運が良ければ、渡りの途中に高尾山で一休みしていく鳥たちに出会えるかも? 高尾山で、バードウォッチングを楽しみませんか?

高尾山の鳥歴(留鳥)

アトリ科 イカル
ウグイス科 ウグイス
エナガ科 エナガ
カラス科 カケス
ハシブトガラス
ハシボソガラス
キジ科 コジュケイ
ヤマドリ
キツツキ科 コゲラ
アオゲラ
アカゲラ
シジュウカラ科 シジュウカラ
ヒガラ
ヤマガラ
セキレイ科 キセキレイ
セグロセキレイ
ハクセキレイ
ツグミ科 トラツグミ
ツバメ科 ヒメアマツバメ
ハタオリドリ科 スズメ
ハト科 アオバト
キジバト
ヒヨドリ科 ヒヨドリ
フクロウ科 フクロウ
ホオジロ科 ホオジロ
ミソサザイ
メジロ科 メジロ
モズ科 モズ
ワシタカ科 トビ
イカル
イカル【アトリ科】
大きな黄色い嘴が目印。この鳥がなくと雨が降るといわれるが、実際に雨の中や雨上がりに鳴いていることがあります。鳴き声を「簑傘欲しい?」と聞きなされるのも納得?
コゲラ
コゲラ【キツツキ科】
小さい体で一生懸命木をつついてる姿は見ていて飽きることがありません。たまに、「ぎ?」と甘い声?で鳴きます。枯れた木に穴をあけて巣を作ります。
ヤマガラ
ヤマガラ【シジュウカラ科】
お腹が赤茶色をした鳥で高尾山でもよく見ることができます。冬は、カラ類やコゲラなどの混群に混ざっていることもあります。
シジュウカラ
シジュウカラ【シジュウカラ科】
街でもよく見かける鳥です。黒いネクタイがオシャレ。
▲ページの先頭に戻る▲